PAGE TOP ▲
盗聴器の販売とレンタル【GQU】

盗聴器専門店[GQU]TOP会社案内サイトマップ注文問合せ

商品カテゴリ

盗聴器

盗聴器用受信機

セット商品 オススメ

コンクリートマイク

録音機
  (ICレコーダー)

偽装式 録画カメラ

盗聴器 発見機 注目 !

3万円以上のお買上げで送料無料

カード決済の場合の配達は路上渡し不可です

偽装式録画カメラ販売再開 ≫サンプル動画公開中

レンタルのご案内

当店の商品は一部を除きレンタルでもご利用頂けます
レンタルの紹介

お店紹介

盗聴器の販売とレンタル
(株)ジーキューユー
(0940)42-6685
時間外の電話は以下
(090)5281-4292

商品カタログ

PDFなので印刷もできます
商品カタログ

お得情報

盗聴発見機コンクリートマイクの一部商品を期間限定のキャンペーン特価で販売しています

オススメコンテンツ

様々な情報を公開
用語集/コラム/Q&A

注文方法

当店では買い物カゴでの注文を推奨しています
買い物カゴの使い方

買い物カゴ以外では
・注文フォーム
・Eメール
・電話
・FAX

などでの注文も受付けております。これらの具体的な注文方法については以下をご覧下さい
注文ページ

通販での支払方法

通販での代金のお支払い方法は4つあります

1.代金引換(着払い)※推奨
商品受取時に配達員へ現金でお支払い下さい。
即日発送が可能です。

2.クレジットカード
ご注文時に同時にカード決済を行います。
支払回数 一括/リボ(リボ専用カードのみ可能)
対応 VISA/MASTER/JCB
即日発送が可能です
カード決済

3.銀行振込(先払い)
代金総額(送料含む)を当店口座へお振込み下さい。
入金確認後の出荷となります。

4.現金書留(先払い)
代金総額(送料含む)を当店へ郵送して下さい。
代金到着後の発送となります。

お支払い方法はご注文時に指定して下さい

商品代金以外に必要な費用

通販の場合、商品代金以外に以下の費用が必要です

1.送料
全国一律1,000円
※商品代金の合計が3万円を超える場合は購入に限り送料無料。(レンタルは対象外)

2.手数料
代引きの場合は400円
振込の場合は振込手数料

発送時期と納期

当店では原則として即日発送体制をとっています

支払方法が「代金引換」の場合は当日発送で対応し、銀行振込の場合は入金確認後に発送します

お届け予定日は当店出荷日の翌日又は翌々日です
お届けにかかる日数

配送業者:ヤマト運輸

買物カゴの中身を見る


サイト最新更新日
2017-02-21

盗聴器の販売店 お知らせ

盗聴器の販売店 お知らせ

 商品メニュー    一般メニュー

盗聴器の販売とレンタルコラム>ICレコーダーの性能

盗聴器に関するコラム (2009−12−02)

ICレコーダーの性能

今回は録音機(ICレコーダー)について考えてみます。

ICレコーダーとは

ICレコーダーは一般的にデジタルボイスレコーダーとも言われる録音機の事です。
従来のようにテープに録音する訳ではなく、本体に内蔵されているICメモリに音声ファイルとして記録(録音)します。
形状は様々で、一般的にはテレビで記者がインタビューの際に手で持っているようなスティック型の物が多いのですが、他にも本体が小型の物やボールペン、腕時計の形をしている擬似品など多くの種類が存在しています。

ICレコーダーの長所(メリット)は

ICレコーダーには多くの長所があります。
まずは、テープでは考えられない長時間録音が可能だという事が挙げられます。
内蔵メモリの容量にもよりますが、2GBで200時間以上の録音が可能です。
ただし、電源が電池の場合は電池の寿命が先に来ますので、メモリいっぱいに録音するためには複数回の電池交換を要します。
ICレコーダーにはACアダプター付属の物もありますので、ACアダプターを使用すると電池寿命の心配はないのでメモリが満タンになるまで何百時間でも連続使用ができます。
次の長所として完全無音が挙げられます。
中でテープが回っている訳ではないので全くの無音で録音をします。
ただし録音中にランプが点滅や点灯する物もありますので、光が気になる場合はテープなどでふさぐ必要があるでしょう。
またVOR(音声起動)録音も長所の1つです。
周囲に音がある時だけ録音し、周囲が無音の時にはスタンバイ(待機)になるので、後から回収して聞く際に音がある時のみを効率よく聞くことができます。
残る長所としてパソコンとの連動性が挙げられます。
多くのICレコーダーにはUSBケーブルが付属しているので、パソコンへの転送が瞬時に行え記録の保存が簡単にできます。
また、音声ファイルとして記録されているのでパソコンで再生すると早送りなども簡単にできます。

ICレコーダーの短所(デメリット)は

ICレコーダーのデメリットとしては集音力があまりよくない事が挙げられます。
そもそもICレコーダーは製造メーカーの方で「隠して使う」ことを前提には作られていません。
会議の際机の上に置いたり、インタビューのマイク代わりに使ったりと表に設置するのが前提となっています。
従って隠して使う場合には集音力が著しく低下します。
隠す場所によっても異なりますので一律には言えませんが、音が遮音されればされる程集音力は低下します。
どうしてもICレコーダーを隠して設置しなければならない場合はできるだけ通気性のよいとこに隠すことをオススメします。
音も空気と同じ性質がありますので、空気の通るところは音も通りやすく、逆に空気の通らないところは音も通りません。

ICレコーダーと盗聴器

ICレコーダーも大きく分類すると盗聴器と言えなくもありません。
ただし、電波式の盗聴器がリアルタイム(生)で設置場所の物音を聞くことができるのに対してICレコーダーは後から回収して聞くしかありません。
逆に言うと生で聞く必要のない人はICレコーダーなどの録音機でも十分かも知れないという事になります。
ただし集音力では盗聴器より劣ることが前提になります。
(最近では盗聴器と同等の集音力のICレコーダーも登場しつつありますが。)
盗聴器の不得意な状況でICレコーダーを代用する事も考えられます。
代表的な例としては車など移動している車両の盗聴が挙げられます。
電波式の盗聴器を移動している車両にしかけると、その電波を聞くために車両の数百メートル以内を常に付いて回らなければなりません。
そういう時にICレコーダーを車両に設置すると、電波式ではないので付いて回る必要はなくなります。
ただし後から回収して聞くので、リアルタイムで車内の物音を聞くことはできません。
また、車内などでは目に付かないところに隠す必要があるので、実際の集音力も使ってみないと実証できませんのでご注意下さい。




[盗聴器/情報収集機器/発見器 総合販売・レンタル]
株式会社ジーキューユー
(連絡先) Eメール info@pi-pi.com TEL (0940)42-6685
Copyright (C) 2002 GQU Co.,Ltd. All Rights Reserved.